金沢市もコロナウイルスによる影響が浮き彫りに

金沢市もコロナウイルスによる影響が浮き彫りに


石川県産業創出支援機構の職員がコロナウイルスに感染し、その中学生の子どもにも感染が発覚したのに伴って、金沢市立野田中学校が休校となったのはつい先週のことです。

これだけでも金沢市のみならず石川県、全国を驚かせるニュースだったのですが、金沢市の山野市長が一斉休校に反発したのも、ヤフーのトップニュースとして注目を浴びていました。

しかし、これは山野市長の当初の発言を正確に把握せず記事にしたものに過ぎませんでした。

「経済活動に対しても影響が大きすぎる。総理の危機感は受け止めるが全校休校は政治家として市民に説明できない」と一部のみを取り上げたものだったので、過度な反応も引き起こしたのでしょう。

休校の可能性自体は否定せず、“2日の休校は行わない”としたまでのことです。

結果、5日から19日まで休校することが発表されたのは皆さんもご存じの通りだと思います。

コロナウイルスが猛威を振るうなか、ひとりひとりの心情がデリケートになってしまうのも仕方ないことかもしれませんが、マスコミには情報をもっと正確かつ適切に取り扱ってほしいものです。

金沢市でマスクやトイレットペーパーを売っているお店

コロナウイルス騒ぎがあるまでは当たり前のように陳列されていた50枚入りの箱入りマスクを見かけることもなくなりました。

今度はトイレットペーパーやティッシュペーパーが店頭から消えています。

ちょうど金沢アピタでそれらが陳列された瞬間を先週見たのですが、ものの数分で売り切れ。

その光景を目の当たりにすると、かなり驚かされます。

本日、3月3日、金沢アピタで再度陳列あったようですが、お一人様2個までとの張り紙があったのみ。

9時20分で完売していたので、オープン前に行列についてなければほぼ買えなかったのではないかと思います。

結局、政府の言うことなんか誰も信じていないんでしょうね。

トイレットペーパーが売りきれるというデマが、本当にことになりつつあるのが現実であり、私たちが安心するためには実際に店頭に十分な在庫が並んでいるのを目にしなければ叶わないでしょう。

金沢市の観光地からも人が減ったような・・

いつもなら渋滞の時間でも、大通りがガラガラな様子を見て、とても不安にさせられます。

梅の花も咲き始めるこの時期、金沢市に訪れる観光客は例年、大勢いるはずだろうに、にし茶屋街から忍者寺のあたりには人通りさえまばら。

金沢市でも屈指の割烹として名高い割烹たけしでも、団体のお客さんがなかなか入りづらいとのことで、飲食店にも大きな影響が出そうです。

割烹たけし【金沢随一の人気店】

一斉休校実施に伴う子どもの預け先

学校が休みになるのは一安心としても、急に仕事を休めるわけでもありません。

普段から学童に通わせているのであれば、何かしらの対応を受けられるかもしれませんが、この時期だけ通わせるというのもやや気が引けてしまうでしょう。

そのようなときにおススメなのが、学習塾の春期講習に通わせる方法です。

増泉の金沢アピタ正面にある個別指導塾Aceでは、いつからでも開始できるオーダーメイドの集中講義を実施しています。

もともと高校受験、大学受験に強い個別指導スタイルの学習塾ですが、小学生向けには大学生講師が付きっきりで教えてくれるなど、幅広い対応力が魅力。

アクセスも便利なので、送迎しやすいのもおススメのポイントです。

受験に強いと評判の個別指導塾Ace

ジモトークカテゴリの最新記事